所得補償保険について調べてみようと思います。

所得補償保険または就業不能保険とは、けがや病気が理由で働けなくなった時に保険金として設定した一定金額を月額で受け取ることができる保険のことです。

医療保険と似ている形ですが医療保険が入院や手術をした場合に給付金が支給されるのに対し、所得補償保険では医師の判断で給付が受けることが可能です。

所得補償保険だと医師が就業不能状態であると診断すれば入院中でも自宅療養中でもつけ取ることができるそうです。




所得補償保険は医療保険と組み合わせて保険をかけておくと便利な保険です。

このように組み合わせて初めて安心を得られる保険ですので、保険のプロやファイナンシャルプランナーなどの方に相談してみるのもいいでしょう。

また自営業や個人事業主の方たちに必要性の高いほけんとなっています。

会社員や公務員だと病気で病院にかかる場合有給が使える場合がありますが、自営業や個人事業主の方だと病院に行く段取りを取ってしまえばその分収入が減ることさえ考えられるからです。




今回は所得補償保険について調べてみました。

所得補償保険以外の保険に対しても興味を持って調べてみたいところです。

また保険は加入したら終わりではありません。

定期的な保険の見直しが必要です。

保険の見直しは人生の大きな節目で行うといいと聞きます。

成人したり、結婚や出産があった場合は保険の見直しを行いましょう。

病気や事故で生活が苦しくなってしまうことがないように日頃から保険について考え、見直すことが重要です。